あらゆる産業基盤を支える中央工業の鍛造製品。

 強度や剛性、そして耐久性に優れた鍛造製品は、自動車をはじめ産業機械、船舶、鉄道車両、航空機などあらゆる分野で使用されています。
 中央工業は、日本の伝統的な鍛造技術を受継ぎながら、たゆまない技術革新に努め、数々の高品質な製品を産み出してきました。
 
 
例えば、加工難易度の高いチタン鍛造における市場の高い評価は、中央工業が持つ鍛造技術の先進性の証明です。
 さらに、国際標準規格であるISO9001、ISO14001の認証を取得しました。
 成果は着実に実現しています。

 中央工業は鍛造品の可能性を大きく広げます。

 
 高い強度と耐久性が問われるエンジン、駆動系部品の製造において鍛造技術は欠かせません。
 これら自動車関連分野で培った鍛造に関する豊富なノウハウが、他分野にわたって活かされています。
 ゴルフ用アイアンヘッドおよびウッドの生産をしています。
 主に上級者向けのものを中心に扱っており、欧米のトッププロにも愛用されています。
 これらの生産においてチタンやタングステンなどの鍛造の実績もあり、さらに数々の特許を取得した独自の鍛造技術により、高品質を実現しております。
 レール締結部品、新幹線車両部品等、列車の安全走行に欠かせないレールと枕木を繋ぐ締結装置や橋梁のフックボルトなどを安定供給しております。
 また新幹線の駆動系部品にも当社の製品が採用され、高速安全輸送の一翼を担っています。
 農業機械や建設機械、工作機械、食品業界など、中央工業の鍛造部品はさまざまな分野で使用されています。