あらゆる産業基盤を支える中央工業の鍛造製品。

 鍛造品は、まず金型の品質によって決まるといわれていますが、中央工業では創業当初よりその重要性に着目し、自社内に金型工場を設けております。
 その結果、金型の開発/生産から、鍛造工程/製品検査に至るまで、一貫した社内生産体制を実現しました

 設計および金型開発においてもCAD/CAMシステムを存分に活用し、金型精度と開発スピードの向上を達成しております。
 鍛造工程では、これまでに大切に培ってきた「職人技」を活かしつつ、その枠に縛られない技術革新に取り組んでいます。
 このような独自の生産システムと金型技術の高いレベルでの融合が、中央工業が誇る高い技術力の基盤となっているのです。

CADによる金型設計
マシニングセンター
放電加工
2000トン自動プレス

金型技術

CADによる設計をはじめ、金型製作においては彫刻/放電加工/NC加工など製品仕様に応じた、最適な方法がとられます。金型の改良やメンテナンス等への迅速な対応ができるのも内製化の大きなメリットのひとつです。

鍛造技術

製造方法は、熱間・温間と冷間による精密鍛造・密閉鍛造・押出し等、様々な方法に対応、素材に関しては、炭素鋼/合金鋼/ステンレス/チタン/マグネシウム等を扱っています。

生産技術

3/4T〜5Tハンマー、1600T・2000T自動プレスを保有。鍛造重量は0.2kg〜25kgと幅広く対応。工場設備は地域への環境対策のために、防音・防振対策が施されています。